「雉」北陸地区のブログ

「雉」句会の活動を公開しています

雉金沢句会 11月10日(日)

田島 和生「雉」主宰をお招きして、雉金沢句会を開催いたしました。

於:四高記念文学館 2F

 

田島 和生 「雉」主宰俳句

   図書館へ紅葉激しく降る日かな

   鮎落ちて峡の激つ瀬鳴りゐたる

   山茱萸の実の熟れどきどきする赤さ

 

田島 和生 主宰選

〈特選〉羽ばたきを繰り返しをる小鴨かな    小林 亮文

    からからと転がる枯葉四高跡      福江 真里子

    盛砂の露けき影も鞍馬かな       海野 正男

 

神の留守里の老猫仔だくさん     山岸 昭子

有磯海遠に立山秋夕焼        生田 章子

淋しらや紅葉且つ散る陶祖の碑    豊田 高子

縁側に猫の寝そべる小春かな     小林 れい子

今朝の冬湖に響ける鐘一打      辻江 恵智子

燈火親し積み上ぐ本のサスペンス   後藤 桂子

奉納の新米を曳く白馬かな      山岸 昭子

武家屋敷壁の匂ひや秋惜しむ     田崎 宏

小春日のけんけん跳びの幼かな    小林 れい子

御堂筋風のまにまに紅葉散る     後藤 桂子

清流の風にはね飛ぶ秋の蝶      福江 ちえり

六道の辻の飴屋や暮の秋       海野 正男

秋闌ける子育て飴の琥珀色      辻江 恵智子

ざらしの千の石仏笹子鳴く     後藤 桂子

狐跳ぶ戸板打たれしバンガロー    福江 ちえり

京都駅ゼロ番線の夜寒かな      海野 正男

陵へ続く細道草もみぢ        本多 静枝

投釣の飛び行く鉤や鰯雲       木谷 美奈子

胡麻を干す蓮如の里や水の音     豊田 高子

顔一つひよつこり出でて松手入れ   木谷 美奈子

御影堂袈裟の幼の日向ぼこ      海野 正男

とりどりの秋果を供へ七七忌     辻江 恵智子

つがひ鴨静かに水尾のひろがれり   小林 れい子

願ひ石ゆつくり廻し秋惜しむ     後藤 桂子

秋高し瀬音の響く社かな       福江 真里子

凪ぎわたる海の蒼さや冬に入る    山岸 昭子

石山の紅葉灯りや芭蕉句碑      田崎 宏

逆光の立山連峰紫苑咲く       度山 紀子

鈍色の空や家並みの空熟るる     宮崎 惠美

水音の巡る神苑小鳥来る       福江 ちえり

 

 

次回、12月8日(日)彦三公民館 2F

13:00~16:00

投句5句 当季雑詠

 

新年句会 1月5日(日)四高記念文学館 2F

13:00~16:00

投句5句 当季雑詠 

田島和生先生がお見えになります。

万障繰り合わせの上、ご出席くださいませ。

句会の後、懇親会を予定しています。

皆様のご出席をお待ちしております。