「雉」北陸地区のブログ

「雉」句会の活動を公開しています

俳句選評シリーズ 4

「雉」7月号掲載

     同人作品評(5月号)  中山 世一

 

桜の芽少し膨らみ水響く   大前 幸子 

 桜の芽の膨らむことと水の響きには直接関係はないが、どこか深いところで繋がっているように感じられる句であり、そこがこの句のいいところである。句全体で「春が来たよ」と語りかけているようである。「少し」という表現にも効果がある。まだ寒いということ、芽が固いということを読者に想像させてくれるからである。上品な句であり、技巧を凝らした跡が見えないところもよい。

「本当に上手い野球選手は派手な動きをしない」と昔、解説者が言っていたが俳句もまた当てはまるようである。

   山茶花は振り返るたび散つてゐる   大前 幸子 

 こう言われれば確かに山茶花はそんな花である。誰も見ているが誰も表現できなかった、表現しなかった句ではなかろうか。こうして見ると俳句の題材は身辺にいくらでもあるということが分かる。

 

野遊のしばらく覗く川の底   二宮 英子 

 この作者とは東京の句会でたびたび吟行を共にしている。写生の修練を積んだ人であると思う。

 この句、野遊びの一つの景を切り出して句にしているが、野遊びのことや楽しげなことを詠んでいるのではない。ふと傍にあった流れに気づいて覗いているのであるが、この句のポイントは「しばらく」という言葉にある。何か不思議なものが見えたのであろうか。子供が主体であれば魚やザリガニに興味を持って覗いているのであろうが、どうも子供が対象とは思えない。大人が、すなわち 作者がこのような行動をとっていると見ると「何故か?」という興味が湧いてきて、奥の深い句となる。

  突き上ぐる夜更けの地震冴返る  二宮 英子

 先日、夜中に大きな揺れがあった。その地震の句であると思うが、季語「冴返る」がよく働いている。どこか不安が感じられるのである。

 

在りし日の夫の大声鬼やらひ   近藤 弘子

 「在りし日」だが、前の、とか数年前の、ともとれるがここは亡くなられた人の在りし日ととるのが一番素直なようである。今作者は鬼やらいをしながら亡くなられたご主人の大きな声を思い出している。今も後ろから大声で応援してくれているようである。この句は「鬼」という字が大声と繋がり上手く働いている。

 

下萌や色の剥げたる土人形   笹原 郁子 

 下萌の地に置かれているのか、捨てられているのか、作者は土人形に気づいた。よく見るとところどころの色が剥げている。土人形であるからやがては元の土にかえるのである。「剥げたる」という言葉には人間の持ち主の痕跡が感じられ、「土」という言葉には自然の大きさが感じられる。 

  あたたかや川縁に馬連れ出して   笹原 郁子

 作者は弘前の方であるから、この句は厩だしの句であろう。この句ははたから見たのではなく、作者が自ら馬の手綱を引いて行ったように思われる。

 

雪だるま崩せる夜の地震激し   井上 千恵子 

 地震による切迫した様子がよく出ている。人が語るのではなく、雪だるまに語らせたのがいいところ。不注意に読むと、「地震の起こったのは夜なのに何故屋外の雪だるまに気づくの?それって朝見たのでは?」と思ってしまう。この句はそうではないと言っている。作者は思わず外に飛び出して、少し落ち着いた時に壊れた雪だるまに気づいたのである。それだけ大きな揺れであったのである。

  梅東風や木彫の鷽の飛ぶ構へ  井上 千恵子

 この句も面白い。この鷽は鷲替えで手に入れた鷽であろうか。「飛ぶ構へ」によりよくできた彫り物であることが分かる。

 

芋植うる雨あとの畝高くして   山田 初枝 

 イモには芋・署・諧などがあるが、この句のイモは里芋。芋は雨の後に植えるとよく根付くと言われている。芋は種芋を土に埋める。「畝高くして」にはやわらかい土のこと、「よく育ってよ」という作者の心などが感じられる。

  砂粒に紛ふ花種蒔きにけり  山田 初枝

  庭ぢゆうの埃を立てて鳥の恋 山田 初枝

 これらの句にも注目したが、作者は自ら鍬を持ち土を耕しているらしい。

 

水門に潮ふくれ来る鰆東風   太治 都 

 東風には梅東風、雲雀東風など植物や動物の名前を使ったものがあるが、鰆東風は元々は瀬戸内海の漁師の言葉であろうか。実に上手いネーミングである。鰆という字には春が含まれており、いかにも春の魚らしい字であるが漢字ではなく国字である。この句のいいところは「ふくれ来る」という表現にある。寄せてくる潮をよく見たうえでの表現であり、ふくれ来る春を生き生きと感じさせてくれる。

 

大嵐去れば雪間に猪の跡   為田 幸治 

 大嵐とあるが、これは猛吹雪である。猛吹雪が去った後は晴れた朝であっただろうか。遠い山中ではなく、家の近くの畑か藪と思われる。そこに猪の跡が見られたという。「雪間」には①雪の止み間、②雪が解けてところどころ見える地面と二つの意味があるが、この場合は①の意味である。また、跡とは足跡であろうか、転がった後であろうか。新しく輝く雪が目に飛び込んでくる。そういえば、

  闘うて鷹のゑくりし深雪なり   村越 化石

がすぐに思い出された。

 

這ひながら受くる福豆鬼の豆   度山 紀子 

 節分の豆撒きの様子が上手く描かれている。いいところは「這ひながら」という言葉の斡旋である。家庭の豆撒きではなく、神社かお寺が想像される。這いながら豆を受けているのは子供とも考えられるがこの句の場合は、大人それも爺さん・婆さんとみる方が自然であろう。勿論、作者自身であってもかまわない。

 

陶土搗く唐臼の音蕗の薹   児玉 明子 

 唐臼は添水を巨大化したものと思えばいい。水の力で動くのは杵の方で、臼には陶土や陶石が入れられており、その杵で砕かれてゆく。伊万里や小鹿田(おんだ)焼の里で見たことがあるが、なかなかに迫力のあるものである。結構大きな音で、ドスン、ドスンと陶土を搗いている。この句、その「音に励まされながら蕗の薹が出てきているよ」と言っているように感じられる。

 

寒明の堆肥にレーキ深く刺し   本木 紀彰 

 「深く刺し」という言葉に力強さとやる気が感じられる。いよいよ農作業の始まる時期なのだ。それは「寒明」という季語によって分かる。作者の体に染みている季語である。

  遠く剪定梯子掛けにけり   本木 紀彰

 なんでもないような句であるが、「峯遠く」にいつも見慣れている春の遠山が窺える。

 

次の句にも触れたかったが紙数が尽きてしまった。

春の蠅新幹線の中を飛ぶ      松永 亜矢

屋根替へて前も後ろもまるき山   中岡ながれ

飛び石に片足乗せて雛流し     西村知佳子

将軍のやうなる雉に出合ひけり   渡辺 節子

貼り紙に「春売ります」と花屋かな  青木 陽子

金沢句会(2021)5月通信

田島和生主宰選

〈特選〉

図書館の窓にきらめき椎若葉     度山 紀子

海市立つ能登の岬の反転し      山岸 昭子

能登富士の映ゆる水田や匂ひ鳥    後藤 桂子

 

〈並選〉

棟上げの掛矢の音や若葉風    小林 亮文

下萌や地鶏の卵ころがれり    海野 正男

鳴龍を一たび鳴かせ春惜しむ   佐瀬 元子

洞穴へ渦巻く潮暮の春      後藤 桂子

茄子胡瓜支柱はしかと蝶結び   生田 章子

岩洞の座る石仏滝の音      田崎 宏

白山の風に揺れゐし麦の波    後藤 桂子

汐の香の醤の町や小判草     辻江 恵智子

こでまりの花のうねりて風の中  福江 真里子

繋ぐ手を放し幼の子猫追ひ    度山 紀子

薫風や自転車に妻油差し     田崎 宏

青天に白山聳え清和かな     本多 静枝

大窓へ黒き一閃初燕       海野 正男

思ひ切り伸ばす節々五月来る   山岸 昭子

永き日や草の長き根掘り起し   佐瀬 元子

御輿蔵銀杏若葉の影のゆれ    辻江 恵智子

板垣の外へ一枝の雪柳      福江 真里子

 

 

俳句選評シリーズ3

俳誌「雉」6月号より

 

      同人作品評(4月号)   中山 世一

 

 私は若いころから師や先輩たちから写生ということを叩き込まれてきた。そのためか、どうしてもモノに即した句を採ってしまう傾向にある。長い経験から、俳句は勿論写生句やモノ俳句ばかりがいいのではないことは知っている。しかし、五感を通してモノの存在に触れる句、手触りの感じられる句に出会いたいと願っている。それは必ずしも快い、口当たりのいい俳句ではないのである。

 

紅梅のぶつかり合うて咲きにけり   河野 照子

 「ぶつかり合うて」がいい表現だと思った。内容は風に揺られながら芽を出し、蕾が膨らんでくると蕾同士がぶつかり合いながらということであろう。咲いている今もぶつかり合いながらかもしれない。枝と枝、花と花であるがまるで兄弟が競い合い、争いながら成長しているようである。生き生きとした表現であり、梅の木の生命が感じられる。

 

朱の樽に一杓づつのお水取   栗原 愛子

 タイトルに善宝寺とあるから、ネットで調べてみた。立春恒例の行事としてお水取りが行われている。したがってこの句の「お水取」は東大寺二月堂のお水取りではない。それは「朱の樽」という言葉からも予想された。でも山形県鶴岡市地方では立春の立派な季語なのであろう。このように地方独特の季語があり、それは俳人協会の『○○吟行案内』などでも紹介されている。このような地方独特の季語や方言は俳句においても大事にしてゆきたいものである。この句「一枚づつの」という表現により二月堂と違って、多くの人が参加できる行事であることがわかる。

 

伊勢海老を裏返しては商へり   古岡 美惠子

 面白い句である。この句の眼目は「裏返しては」という表現にある。モノをよく見ている。この表現により、伊勢海老ばかりでなく、売っている人の表情や態度、場(おそらく年の市)の雰囲気もよく分かる。詳しく言われてい くても読者がこのように想像できる句はいい句である。

体毛を光らせ蜘蛛の凍るかな  古岡 美惠子

同じ作者の句であるが、この句にも作者の目が感じられる。

 

早梅や父母に挟まれ二児の墓  森 恒之

 哀れを感じさせてくれる句である。「二児の墓」とあるから、幼くして亡くなったこの父母の子供であろう。亡くなったのは戦争か病気かは分からないが...。この句の父母はおそらく作者の父母であり、幼児の墓は兄弟なのかもしれない。「早梅」という季語からはあるすがすがしさも感じられるから、いろんな苦労はあったがこの父母は幸せな一生を送ったのであろう。鎌倉・寿福寺の虚子の墓は白童子(虚子四女)、紅童子(虚子の孫娘)という小さいころに亡くなった虚子の子と孫の墓に挟まれている。

 

雪しまき防災無線切れぎれに  新谷 亜紀

 雪国の様子がまざまざと分かる句である。今年の冬、ニュースで雪国の暴風雪が伝えられた。防災無線は災害通報のために各家庭に設置されているものであろうか。私の実家(高知県)にも津波のためのこのような無線装置が置かれている。その装置に雑音が入ったり、切れぎれに音が聞こえたりするのである。大雨の時でもそうであるが、雪 のしまく時はもっとひどいに違いない。素直に事態を叙しているが、雪国の生活の一面がよくわかる句である。

 

真白な蕾のままや菊枯るる   寺田 記代

 この句にも、しっかりとモノを見ているな、と感心した。 私も実際にこんな景を見たことがある。菊は冬になると蕾をつけたまま枯れるのである。この句は「真白な」という言葉によって、まだ若い命、純真ということなどを読者は思う。作者は必ずしもそんなことは意図せず、ただシンプルに作っていると思うが、単にモノに語らせているところがいいのかもしれない。

 

一筋の草噛んでゐる氷柱かな  源 伸枝

 細かい描写のように思われるかもしれないが、表現はそうであるとしても内容は深い。自然の摂理が淡々と叙されているが、地球の自然そのものが生き物のように感じられる。この一筋の草は青々とした草に違いない。でないと目につきにくいし、生きている感じがしない。氷柱は小さな氷柱だと思う。一本の草を噛む(凍って挟み込む)のだか ら大きな氷柱とは思えない。冬の早朝などには草つららという草の先にチョンとできる氷も見ることができる。

 

ふつふつと湯気まで青き七日粥  山岸 昭子

 七草粥の句である。この句のいいところは「湯気まで青き」という表現にある。おそらく本当に湯気が青いわけではなくそう感じたのであろう。それは鍋に入れた七草が青々としているからである。作者はその青を強調したかったのに違いない。「食べ物の句を作るときは、食欲をそそるように作るべきだ」とある人は言っている。まさにこの句は食欲をそそってくれる。

 

倶利伽羅の闇の初護摩太鼓かな  海野 正男

 木曽義仲と平家の戦いのあった倶利伽羅峠、牛の角に松明をつけて平家の方へ追いやったという合戦は有名である。今は高速道路で行っても倶利伽羅という地名が出てくるし倶利伽羅という駅もある。初護摩だから新年の護摩で ある。倶利迦羅不動寺護摩であろう。この句、「倶利伽羅」という地名がよく働いている。闇に響く護摩の太鼓や音声は倶利伽羅峠の合戦を思わせてくれる。

 

凍土へ踏み出す鶏の爪太し  大葉 明美

 「爪太し」がいい発見。鳥は恐竜の子孫と言われているが、その足や爪を見ると納得できる。凍土だから凍って固い土にむんずと鶏の爪が踏み出したのだ。いかにも力強い。爪の先は固い凍土に食い込んでいるのだろう。

合掌し耕土を均す鍬始  大葉 明美

同じ作者の句、農業に従事している人だろうか。「合掌し」という言葉に心から土に感謝していることが読み取れる。

 

四尺の雪の真青に透けてをり  生田 章子

 私は高知県育ちで、いまは千葉県に住んでいる。だから雪国の経験がない。我々が雪を美しいなどというと雪国の人達に怒られるという話をよく聞く。さて、この句の作者は富山県、雪国の人である。私はこの句の「雪の真青に透けてをり」を美しく神秘的と感じたのだが、本当はどうなのであろうか。作者は恐ろしいと感じているのであろうか、それとも青く透けてきて―ということは春が近くなってきて―安堵しているのであろうか。

 

粉雪の乗りたる葉書手渡され  山崎 和子

 優れた写生句だと思った。手触りの感じられる句である。葉書を渡してくれたのは家人であろうか、それとも郵便配達人であろうか。「粉雪の乗りたる葉書」だから郵便受けから出す、もしくは手渡される、そのちょっとした間に葉書に粉雪が乗ったのだ。それを見逃さずに一句にまとめた腕前は評価されていいだろう。しっかりとモノを見ていれば句ができるわけではない。本当に句にすべき焦点を切り取らなくてはならない。また、そうしたからいい句になるわけでもない。いい言葉を授からなくてはならない。いい言葉を授かってもまだ句は完成しない。無駄な言葉をそぎ落とさなくてはならないのだ。しかし、この句はそんな難しいことは抜きにすっとできた句のように思われる。本当はそんな句が一番いいのだろう。

 

次の句にも触れたかったが紙数が尽きてしまった。

 

厳寒や手の切れさうな空のあを 川口 崇子

笹子鳴く生傷舐めて竹細工   後藤かつら

群猿の足跡埋むる雪時雨    為田 幸治

「雉」三十周年記念特集号より

平成27年8月号

「雉」三十周年記念特集 諸家近詠

 

 茨木 和生 「運河」主宰

雉走り飛ぶここからは口吉野

雉鳴けり峠を越ゆる旧道に

飛び立ちし雉のひかりとなりにけり

 

 大串 章 「百鳥」主宰

夏帽子蝶とまらせて莞爾たり

サングラス外し麒麟を見上げをり

万緑の山稜昭和振り返る

 

 大坪 景章 「万象」主宰

牡蠣殻の山の春光三十年

石垣のつづく奥より雉子の声

江田島の桜を撫づる刀自かな

 

 大峯 あきら 「晨」代表

三十の朴の大輪よく見ゆる

天辺に昼の月あり雉子の声

雉子鳴けば千早の嶮に木魂かな

 

 千田 一路 「風港」主宰

片頬に目薬這はせ今朝の秋

無造作に受けし釣銭雲は秋

遠山の襞際やかに水の秋

 

 鷹羽 狩行 「狩」主宰

雉はこれ犬・猿はどれ星月夜

広島や紅白きそふ夾竹桃

先代の名乗りさはやか「林徹」

 

 辻田 克巳 「幡」主宰

走馬灯走りて何に追ひ付くや

蟬声の百千であり一つなり

念入れて老いむと思ふ土用餅

 

 宮田 正和 「山繭」主宰

雉の声聞きたしと来る朝歩き

雉鳴いてよりの静寂を黙しゐる

欣一の声徹の声朝雉子

 

 山本 洋子 「晨」編集長

朝風のしきりに吹いて雉子の声

山かげに立ちし幟の紋所

本棚をかたはらにして夏来たる

 

 八染 藍子 「廻廊」主宰

号令の雉の一声野火馳する

記念日の定礎を囲み踊花

万緑や揺られて締まるかづら橋