「雉」北陸地区のブログ

「雉」句会の活動を公開しています

7月6日(日)雉金沢句会

   田島 和生 先生をお招きして…

田島 和生 主宰俳句
  居酒屋の裏のたそがれ牛蛙
  崖藤の老幹うねり梅雨きのこ

 
兼題:「雲の峰」
  特選
     津波痕荒地野菊の咲き満てり   度山 紀子
     夏落葉枯山水の波に乗り     吉田 泰子
     幼子のかがめばかくれ夏の草   西野 可代子
     窯跡や雨に消えゆく草いきれ   福江 ちえり

 はえばえと七堂伽藍雲の峰     小林 れい子
 寺の池古代蓮の咲き初むる     大上 章子
 杜若水の流れの無きごとく     海野 正男
 ランプの宿炎を揺らすあいの風   松本 よね子
 暑き日の発熱の子のふるへかな   宮崎 惠美
 みづうみに逆さ霊峰夏の雲     本多 静枝
 荘重な三重奏や山開き       林 喜美子
 大阪弁飛び交ふ野風呂夏の月    小林 れい子
 忌を修し寺を出づれば青胡桃    大上 章子
 雲の峰犬五つ子を生みにけり    小林 亮文
 懐メロを奏づるギター雲の峰    度山 紀子
 サングラスの尼僧と出会ふ田んぼ道 小林 れい子
 湯の町を望む観音合歓の花     木谷 美奈子
 枇杷の実を朝に仰ぐ親子かな    木谷 美奈子
 ケーブルより園児手をふる山開き  林 喜美子
 病癒え夏帽の妻眩しけり      海野 正男
 峰雲に紙の飛行機宙返り      石黒 哲夫
 青トマト仮設住まひのプランター  度山 紀子
 流鏑馬(やんさんま)風を残せり夏木立   生田 章子
 夏椿著き蕾のほつほつと      野澤 多美子
 水槽の縁に一列金魚かな      西野 可代子
 短冊のひとひら空に星祭      福江 ちえり
 黐散るやあられのごとく地にはづみ 青木 和枝
 露天湯に山中節や花菖蒲      本多 静枝
 奥卯辰深き森より初音かな     宮崎 明倫
 久に訪ふ墓地に尺余の草茂る    本多 静枝
 丁字路の電車の軋む薄暑かな    野澤 多美子
 波に乗る龍の鏝絵の涼しけり    吉田 泰子
 馴染まざる夫の入れ歯や梅雨じめり 中山 ちえ
 瑠璃とかげ反身の腹を日に晒し   後藤 桂子
 のびのびと城のお堀の水馬     金山 多美子

田島 和生 主宰 選評

次回 8月10日(日)
彦三公民館 2F  午後1時〜4時
兼題:「百日紅